アルギニンと身長の関係を解説!

アルギニンと身長の関係とは?

健康維持や疲労回復など、幅広い効果で知られているアルギニン。そもそもアルギニンはアミノ酸の一種で、本来人間の体内で作りだせる成分ですので非必須アミノ酸に分類されています。

 

また、アルギニンは子供の成長に大きく関係してくると言われており、子供を持つ親の間で関心が高まってきています。アルギニンは成人になると自分で合成できるのですが、子供の頃は体内で生成することができません。

 

子供の頃にアルギニンが不足していると成長期の身長の伸びにも影響するため、成人になるまでは日頃からアルギニンを意識しながら生活をしていく事が重要になります。アルギニンを効率的に日常生活で取り入れていくために、アルギニンについてよく知っておきましょう。

アルギニンの効果・効能

アルギニンの効果は様々ありますが、その中でも代表的なものが3つあります。

成長ホルモン

アルギニンには成長ホルモンを促す働きがあります。成長期にはこの成長ホルモンの働きがとても重要で、身長を伸ばしたり筋肉を強くする効果がアルギニンにはあります。成長期に身長が順調に伸びていく子供は、この成長ホルモンが十分に分泌されているからです。

免疫力向上

アミノ酸は人間が健康に生活していくために必要不可欠な成分ですが、その中でもアルギニンは免疫細胞の働きを活性化させ免疫力を強化してくれます。病気にかかりにくい身体を作っていくのも成長期の子供にとっては重要な事です。

血管の拡張作用

現代の子供は冷え性が多く、血流量が低下しています。アルギニンは血管を拡張させ血流を改善する働きがありますので、冷え性の改善だけでなく栄養素が身体にしっかり届くことにより成長ホルモンの分泌にも良い影響を与えます。

アルギニンが多く含まれている食べ物

子供のうちは体内でアルギニンを生成できないので、普段の食事でしっかり補うことが大事です。アルギニンは魚介類・大豆類・肉類と身近な食材に含まれているので比較的手軽に摂取することができます。

 

魚介類 ~ かつお節・マグロ・甲殻類(海老や蟹)など

魚介類にはたんぱく質が豊富に含まれており、その中でも特にアルギニンが豊富なのがかつお節です。色々な料理にかつお節を活用してみてはいかがでしょうか。

 

肉類  ~ 豚ゼラチン・鶏むね肉・鶏もも肉・豚ロース等

肉類にもアルギニンが多く含まれています。牛・豚・鶏肉ともバランス良く成分が含まれているので
摂取しやすい食材になります。特に豚ゼラチンには、他の肉に比べアルギニンが4~5倍程含まれていますが、カロリーが高めですので摂りすぎには注意しましょう。

 

大豆類 ~ 高野豆腐・湯葉・納豆等

大豆製品は他の食材に比べてアルギニンの含有量が多めで、その中でも特にアルギニンを多く含んでいる食材が高野豆腐です。100gあたり4000mgのアルギニンを含有しており、成長期の子供には積極的に取り入れてもらいたい食材です。高野豆腐は子供にとっては少し食べ慣れない食材ですが、工夫次第では色々な料理に活用していけるので試してみてください。

アルギニンの1日の摂取量

子供の場合、アルギニンを摂取しても尿などで体外へ排出されやすい傾向にあるため、効率良く摂取するためには摂取量や摂取するタイミングが大事になってきます。

 

成人の場合は8~10gが1日の摂取量の目安になりますが、子供の場合は4~5gが理想的な摂取量となります。ただし日頃から運動を盛んに行っている子供の場合は栄養素の消費が大きいので、もう少し多めに摂取しても良いでしょう。また、アルギニンはビタミンB群と一緒に摂ることで吸収力が上がるので、食事の際はビタミンB群が含まれている食材も合わせて摂取することで効率的に栄養素を摂り込む事ができます。

 

アルギニンの効果を効果的に得たいのであれば、成長ホルモンが活発になる就寝の3時間前や運動の1時間前の時間帯に摂取するのが望ましいですが、毎日子供が継続するのは難しい問題です。

 

食事でアルギニンを補う事が難しい場合はサプリメントでアルギニンを摂取する方法もあります。最近では子供でも飲みやすいように工夫されたサプリメントが多く販売されていますので、不足分を補う方法として子供用サプリメントを検討してみるのもいいかもしれませんね。

 

安全・安心な子供用サプリメントの選び方についても解説しているので参考にしてみてください。

身長を伸ばす5つの方法

「せめて平均くらいの身長にしてあげたい」
「いまよりももっと身長を伸ばしてあげたい」
「でもどうしたら良いのかわからない」

矢印

今日からできる身長を伸ばす方法