鉄分と身長の関係を解説!

鉄分と身長・成長の関係とは?

「鉄分」と聞いて、一番よく連想するのは貧血への効果でしょうか。摂りにくいけど、健康に必要な栄養素と言うイメージがありますよね。特に成長期のお子様を持つ親御さんからしたら、鉄分は摂った方が良いのか?身長の伸びに影響はあるの?など心配されている方も多いと思います。

 

こちらでは、改めて鉄分とはどんな栄養素なのか、充分な量を摂取するためにはどんなものをどれくらい食べれば良いのか、などをまとめています。

鉄分の効果

鉄分の重要な役割は、ズバリ「ヘモグロビンを作ること」です。身体の中の各臓器が正常に機能するためには、充分な酸素が必要です。その酸素を運ぶ役割は、血液中の赤血球に含まれるタンパク質「ヘモグロビン」が行っています。

 

鉄分は、そのヘモグロビンの作る材料となるのです。鉄分がいかに重要なものか、改めて実感しますね。鉄分が不足すると、動悸、めまい、イライラをはじめとした様々な症状を通じて、体に警告を送ります。また、適切な鉄分を摂取することによって、貧血の予防や疲労回復の促進、骨や歯を丈夫にする効果があります。

 

まさに体作りの基盤ともいえる鉄分、身長が伸び盛りとなる成長期のお子様にとっても、必須の栄養素であることは間違いありません。

鉄分が多く含まれている食べ物

そんな重要な鉄分、摂取するためにはどんなものを食べれば良いのでしょうか?主なものとしてはこのようなものがあげられます。

  • レバー(豚肉や鶏肉)
  • ほうれん草
  • ひじき

よく聞く食材たちですね。昔から鉄分吸収の定番と言われているものたちです。

 

これらを含んだ料理としては

  • レバニラ炒め
  • ほうれん草の胡麻あえ
  • ひじきの煮物

などがありますね。人によって好き嫌いが出やすい食材が多いのも、鉄分の隠れた特徴と言えます。

 

また、鉄分の吸収を妨げる成分もあります。例えばコーヒーに含まれる「タンニン」や、野菜のアクに含まれる「シュウ酸」などです。コーヒーは食事中に飲まない、野菜の下ごしらえは丁寧に行うなど、しっかり対策を行うようにしてくださいね。

鉄分の1日の摂取量

1日に必要な鉄分の摂取量は、男性は10mg、女性は12mgと言われています。これは食品に換算すると

  • 豚レバー:約90g
  • ほうれん草:1200g
  • ひじき:お茶碗4杯分

となります。・・・これを毎日摂取するとなると、なかなか大変ですよね。

 

もちろんこれは1回の食事で摂取するのではなく、1日の中で摂取する量ですし、鉄分は一種類の食材からではなく、複数の食材から摂取するべきです。とはいっても、1日に必要な鉄分の摂取がなかなか難しいと言うことはイメージできるかと思います。

 

現代人が鉄分不足になりがちと言われている理由が、よくわかりますね。普段のお食事でも、鉄分を含む食材を意識的に取り入れ、献立に取り込む必要があります。

 

そんな鉄分ですが、過剰摂取はいけません。基本的に鉄分は体内で吸収され、排出されない栄養素です。過剰に摂取すると、吸収しきれなかった鉄分が臓器に沈着してしまい、嘔吐や下痢、吐き気などの症状が出てくるのです。体に必要でありながらも、摂り過ぎはいけない。なかなかバランスをとるのも難しいですよね。

 

最近は、鉄分不足を補う良質なサプリメントも出てきています。それらをうまく活用し、適切な量を摂取できるよう調整しましょう。

 

 

鉄分について、改めて振り返ることができたでしょうか。健康の基盤となる必須の栄養素であることを、改めて理解できたと思います。もちろん、育ち盛りのお子様にとっても、鉄分は必要な栄養です。

 

あまり身体が大きくならない、身長が伸びないと言うことでお悩みでしたら、鉄分の摂取は充分にできているか、今一度確認してみてくださいね。そして鉄分が取れる料理を積極的に取り入れたり、サプリメントの効果的な使用などを通じ、鉄分不足を解消しましょう!

身長を伸ばす5つの方法

「せめて平均くらいの身長にしてあげたい」
「いまよりももっと身長を伸ばしてあげたい」
「でもどうしたら良いのかわからない」

矢印

今日からできる身長を伸ばす方法