子供の身長を伸ばす方法とは?

身長の伸び率を上げるには?

「自分の身長の伸びが周りと比べて少ないような気がする・・・」
「成長期の子供の身長をもっと伸ばしたい!」

 

一般的に成長期でどれくらい身長は伸びるものなのか、気になったことはありませんか?

 

そもそも成長期はいつなのか、どれくらい伸びるのか、そしてどうしたら成長期の身長の伸びを増やせるのか。意外とわからないものですよね。

 

ここでは、気になる成長期の身長の伸びについて知っておきましょう。

 

目次
男女の成長期はいつ?
男女の成長期での身長の伸び率は?
成長期の伸びを阻害する原因
成長期に身長を伸ばすには

 

 

男女の成長期はいつ?
一般的に成長期とは、思春期を迎えたあとの3〜4年間のことを言います。
成長期には個人差がありますが、男子は中学生〜高校生、女子は小学校高学年〜中学生頃だと言われています。

 

そもそも「身長が伸びる」ということは「骨」が伸びるということで、医学的にはこの骨のことを「骨瑞線」と呼んでいます。

 

この骨瑞線は、成長期の子供にしか存在しないものです。つまり、骨瑞線が固まってしまうと基本的にはもう身長は伸びません。

 

骨瑞線は、男子の場合平均16歳前後、女子の場合平均15歳前後で固まってしまいます。この頃までが「成長期」と考えられます。

 

 

男女の成長期での身長の伸び率は?
成長期の身長の伸び率はこの表のようになっています。
〈表〉http://www.suku-noppo.jp/data/growing_rate.html

 

男子は中学生〜高校生、女子は小学校高学年〜中学生頃になると急激に1年での伸びが大きくなっているのがわかりますね。

 

身長を伸ばすには、この成長期に最高の環境を整えてあげることが大切です。成長期にこそ身長の伸びを阻害することを排除して、身長が伸びやすい環境を作ってあげることが大切です。
成長期の身長の伸びを阻害する原因
成長期の身長の伸びを阻害する原因にはいろいろありますが、
過度なストレス
骨盤の歪み
運動不足
運動のしすぎ

 

などがあります。詳しく見ていきましょう!

 

 

過度なストレス
成長期の子供に過度のストレスがかかると、成長ホルモンの分泌が阻害されます。そうすると当然、身長は伸びなくなります。

 

過度なストレスによって、食欲不振や睡眠障害が引き起こされることが多いです。
この2つも成長ホルモンの分泌の阻害に拍車をかけます。

 

また、身長と愛情には大きな関わりがあり、母子関係や家族関係などの問題によって身長が伸びなくなることがあります。このような心理的要因によって身長が伸びなくなってしまうことを「愛情遮断症候群」と言います。

 

成長ホルモンは睡眠時に分泌されます。
成長期の子供には、心から安らいでぐっすりと眠れる環境が不可欠です。

 

 

骨盤の歪み
O脚、X脚、猫背など、体が曲がっていると身長が伸びにくくなります。また、背中が丸まっていることで身長が低く見えたりもします。

 

「身長が伸びること」は「骨が伸びること」なので、成長期が終わればなかなか身長が伸びることはありませんが、骨盤の歪みを直し、内臓などの体の器官を元の場所に戻すことによって身長が伸びる可能性があります。

 

運動不足
運動をすることで、筋肉を動かし、血液の循環をよくし、全身に栄養を運ぶことができます。運動不足では筋肉も骨も丈夫になりません。毎日軽くでいいので、体を動かすようにしましょう。

 

運動のしすぎ
運動のしすぎも身長の伸びを阻害する原因になります。
特に「体の一部だけ」を鍛える運動はよくありません。筋肉の一部だけに負担がかかりすぎてしまうからです。
自己流トレーニングなどで限界まで鍛えようとするのは、成長期にはやめた方がいいですね。

 

 

 

成長期に身長を伸ばすには
ストレッチ
    身長を伸ばすにはしっかりと栄養を吸収する必要があります。ストレッチに      よって姿勢を改善し、内臓が働きやすい状態に保ってあげることで身長を伸び     やすくすることができます。また、ストレッチは成長ホルモンの分泌を促しま     す。
    >>詳しくはこちら

 

運動
    ストレッチと同様に、運動にも成長ホルモンの分泌を促し、骨に刺激を与える     効果があります。また、運動することで程よい疲労がたまり、スムーズに睡眠に入ることができるようになります。
    >>詳しくはこちら

 

睡眠
    睡眠時間が足りないと、成長ホルモンの分泌が乱れ、夜間の分泌が少なくなって    いくことに繋がります。また、睡眠不足はストレスと直結しています。成長期に    質の高い睡眠をとることはとても大切です。
    >>詳しくはこちら

 

食事
    身長を伸ばすために必要なのは、骨や筋肉をつくり、成長ホルモンの分泌をうな     がすタンパク質です。ほかにもカルシウムやマグネシウム、亜鉛も必要となり    ます。成長期の子供には、それだけでなくたくさんの栄養素が必要となりますか    ら、質の高いバランスの取れた食事を心がけましょう。
    >>詳しくはこちら

身長を伸ばす5つの方法

「せめて平均くらいの身長にしてあげたい」
「いまよりももっと身長を伸ばしてあげたい」
「でもどうしたら良いのかわからない」

矢印

今日からできる身長を伸ばす方法