ビタミンBと身長の関係とは?

ビタミンBと身長はどう関係する?

お子さんの身長がなかなか伸びない、周りの子より成長が遅いのではないか…そんな悩みを抱えた親御さんは多いと思います。

 

自分の子供の成長に関わることですから、心配になってしまうのも無理はありませんよね。でも、お子さんに大きく成長してもらうためには具体的にどのような食品を食べさせるべきなのでしょうか?

 

カルシウムやたんぱく質ももちろん重要ですが、実はビタミンB群という栄養素が成長に大きくかかわっていたのです。今回は、ビタミンB群と身長・成長の関係性について解説します。

ビタミンB群の効果・効能

ビタミンB群とは、酵素に似た働きをするビタミンのことで、「ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン」の8種類が存在します。これらのビタミンB群が、お互いに作用しあいながら代謝が行われており、脳、皮膚、筋肉や骨などを健康な状態に保っているのです。その中でも、特に成長・身長に大きくかかわるのが、ビタミンB2とビタミンB6になります。

 

ビタミンB2は主に代謝に関わるビタミンで、炭水化物や脂肪、そしてたんぱく質が、体の中でエネルギーになるのを助ける役割をもつものです。また、成長に欠かせないエネルギーの代謝にも関係しているため、成長期には欠かせない栄養素の一つになります。

 

ビタミンB6はたんぱく質の吸収に大きく関わっているビタミンです。食物などから摂取されたたんぱく質は、体の中でアミノ酸へと分解されます。そして、体が吸収可能な形に合成し直され、血や骨になっていくのです。

 

それらの働きを助けてくれるのが、ビタミンB6になります。骨や筋肉のもとであるたんぱく質がスムーズに吸収されなければ、身長が伸び辛くなるのは言うまでもありませんよね。ですので、お子さんの成長のためには、たんぱく質などと同時に、ビタミンB群を意識して食べさせる必要があるのです。

ビタミンB群が多く含まれている食べ物

ビタミンB群の中でも、成長に欠かせないビタミンB2を多く含んでいるのは、主に動物性の食品です。

 

肉類や魚類に多く含まれていますが、中でもレバーには、多量のビタミン2が含まれています。魚類では、いくら、たらこなどの魚卵から多く摂取することが可能です。

 

また、牛乳などの乳製品から摂取するのも、効率のいい方法です。骨を丈夫にするカルシウムも一緒に摂れるので、一石二鳥ですね。たんぱく質の吸収を助け、スムーズな成長を促すビタミンB6は、様々な食品から摂取することが可能です。

 

魚類では、マグロやかつお、さけなどが多くビタミンB6を含んでいます。肉類では、鳥、牛、豚、どの種類も多くの部位が多量のビタミンB6を含んでおり、中でもレバーは含有量の高い部位です。野菜ではニンニクやトウガラシ、豆類では大豆から多く摂取することができます。

 

意識して食事のメニューに加えることで、お子さんの身長もぐんぐん伸びるはずですよ。

ビタミンB群の1日の摂取量

ビタミンB群には、最適な摂取量があります。成長期真っただ中の12歳~14歳の1日における推奨摂取量を見てみましょう。成長に欠かせないビタミンBは、男性が1.6mg、女性が1.4mgとなっています。例えば、卵1個のビタミンB2含有量が約0.4mgなので、4つ以上は食べなければいけない計算になります。

 

もちろん、一つの食品から必要量全てを摂取するのは危険です。バランスよく食べましょう。

 

たんぱく質の吸収を助けるビタミンB6の推奨摂取量は、男性が1.4mg、女性が1.3mgとなっています。

 

牛レバーをはじめとする動物性食品は、非常に多くのビタミンB6を含んでいるので、朝、昼、晩、とバランスよくメニューに組み込めば、簡単に摂取できる量です。しかし、小食の子や、好き嫌いが激しく、ビタミンB群を効率よく摂取できない場合、サプリメントなどで補うのも一つの手段でしょう。
ビタミンB群を積極的にメニューに取り入れ、お子さんの成長をサポートしてください!

身長を伸ばす5つの方法

「せめて平均くらいの身長にしてあげたい」
「いまよりももっと身長を伸ばしてあげたい」
「でもどうしたら良いのかわからない」

矢印

今日からできる身長を伸ばす方法